男女群島 尾長グレ釣行 その2 夜釣り用タックル紹介/2020年2月22日

スポンサーリンク

前回からの続きです。

前編「男女群島 尾長グレ釣行 その1 タックル&エサ紹介/2020年2月22日〜」

 

翌朝、5時半に起床。朝からいい満ち潮が川のように流れている中で釣り開始。

タックルやエサは前編に紹介した通りです。

 

満ち潮の流れる本流に仕掛けを投入すると、1投目からバシッと道糸をひったくるアタリで50センチクラスの尾長グレがヒット!

3発連続ヒットで51センチ、50センチ、48センチの尾長グレをキャッチ(^^)

幸先良いスタートダッシュとなりました!

 

その後、コロコロと変わる潮に、ウキやオモリを変えたりして対応しながら釣っていると、今までにない強烈な引き! ゆっくりやり取りをして取り込むと57センチの立派な尾長でした\(^o^)/

めっちゃ嬉しい😃

しかも白子バンバンで美味しそうやし^^

 

これを機に、昼までに56センチ、52センチといいサイズの尾長が釣れました。45〜48センチの尾長もけっこう混じって釣れました!

同礁していた吉田くんも、52センチと51センチの尾長をキャッチ! 

男女で尾長をキャッチした吉田
吉田くんも良型をキャッチ!

 

久しぶりの尾長を2人で満喫していた矢先、嬉しいゲスト登場^^ なんとモンズマ(スマ・ヤイトガツオ)がヒットしました! 

しかも、4キロ、3キロ、1キロ、1.5キロとなんと4枚も釣れて、テンションマックス^^

絶対美味しいやつです^^

スマを持つ岡田建治
男女群島でスマを釣る
スマを持つ岡田
男女群島のスマ
このタックルならこのサイズのスマもとれます

 

そんなこんなで、お昼を食べたり、休憩したりしながら「吉田の4番」で楽しい1日を過ごしました。

昼間にこのサイズの尾長が釣れると最高です! ウキは『グレマスタースペシャル』
ブラックヘラクレス

 

夜は、今夜も同じく「吉田の4番」で磯泊。翌朝(夜中?)3時に前田船長が来るとのことだったので、この夜も夜釣りはせずに早めに就寝して体力温存です。

 

ひと眠りしたところで吉田船長が来ての磯替わり。

瀬替わりした先は「荒磯かぶり」。

僕の大好きな磯で、これまでに64センチと62センチの尾長を釣った思い出の磯です。

昨年もいい思いをしてるので今回も期待して、3時から朝まずめまで夜釣りをスタート!

男女群島 夜釣り仕掛け

はじめは餌取りも居なかったのですが、開始して1時間ほどしたところでエサが効き始めてようやくアタリ。

アタリは穂先に「コツン」とくるような小さなものでしたが、アワセるとかなり強い引き。上げてくると54センチの尾長^^

その後は、48センチ前後の尾長がボチボチ釣れて、夜明けとなりました^^

 

昼釣りで尾長グレにヒラマサもヒット

仕掛けを昼仕掛けに変えて、9時半まで45〜52センチまでの尾長祭りとなりました。

途中で、なんと80センチのヒラマサくんがゲストでヒットし、やり取りで腕ががパンパンになりました

 

午前10時納竿。

港に着いたら、早々に帰り支度をして八幡浜フェリー経由で高知に帰りました。

 

今回は、ロクマルは、出ませんでしたが、57cm、56cm、54cm、52cm、51cm、52cm、52cmと計7枚の50cmオーバーの尾長グレが釣れました。

男女群島の尾長グレ
尾長グレの釣果の一部です

さらに、スマにヒラマサとみんなと宴会する食材を確保でき、本当に癒しの釣りが出来ました^^

次回は、本流のロクマル釣りたいです^^

今回一緒に行った李さん、桧垣さん、吉田くん、また一緒に行きましょう^^

九州のメンバーのみなさんもお疲れ様でしたー^^

コメント