岡田建治のマレーシア旅 釣り堀で巨大グルーパー(ハタ)を釣り上げる

スポンサーリンク

◯2日目 LS Fishing Pondで巨大グルーパー釣り

この日は、念願のグルーパー(ハタ類)釣りに出撃です。

前日お世話になったジョイさんの友達のガイドさんに、8時間17,000円で送り迎えしてもらえるようお願いして、いざ釣り堀へ。

ホテルから車で1時間弱で、グルーパーの釣れる釣り堀【LS Fishing Pond(LS フィッシングポンド)】に到着。

LS Fishing Pond LSフィッシングポンド
LSフィッシング 池
LS FISHING 釣り場

着いたのが10時くらいで、他のお客さんもまだあまり居ません。

まずは念願の巨大グルーパー釣りに挑戦。ウキ釣り=エサ釣りで狙います。

タックルはレンタルタックルを借ります。エサはコノシロに似た魚を使いました。

用意されていた仕掛けはタイのナマズ釣りで使う様な大きなウキに、ハリスは30号くらい。針は大きなクエ針と、とにかくごついです。

仕掛けのセットやエサ付けはスタッフが針に刺してくれます。

レンタルタックルなど
グルーパー用仕掛け
大きなウキに太いライン。針はクエ針
マレーシア LS Fishing エサ

まず第1投。Tさんからスタートです。

沖ではなく手前に投げるとすぐにヒット! 

強い引きでリールから糸がグイグイ出されたあと、少し弱ったところでTさんがリールを巻こうとした瞬間、リールのハンドルノブがポキッ! これでは巻くこともできず、魚もハズレでしまいましたー!

このレンタルロッドとリールは、しびれるくらいダメでした。次回行くことがあったら、ダイワのヘビータックルを持っていきます。

気を取り直して、今度は僕が投入すると、またデッカいグルーパーがヒット! 

今度も糸をグイグイ沖に引きずり出されますが、耐えて耐えているとようやく魚も止まり、そこから徐々に寄せにかかります。

しかし、リールはガリガリ音はするしで、めちゃくちゃ釣りづらかったです(^_^;)

それでも、うまく魚を弱らせて、グルーパーゲットに成功! 1メートルを軽く超える大物でした! 

巨大グルーパー 巨大なハタ

グルーパーとのやり取り動画はこちらです。

その後、5本のグルーパーと格闘して大満足。1時間ほどやったところで施設内の別の池にチャレンジです。

こちらの池ではアジの切り身のブッコミ釣りや、ルアーで中型のハタやバラマンディを狙います。

この旅には、スーツケースに入るダイワのパックロッド『モバイルパック』とリール『イグジスト』(ラインはPE1号とリーダー8号)を持って行ってたので、これを使います。

まずはルアーでチャレンジしてみますが、なかなかヒットしないので、アジの切り身を購入して、ブッコミ釣りに変更。

すると、すぐにアタリがありグルーパーをゲット! 

ブッコミ釣りのグルーパー

何匹か釣って、お昼になったので近くの食堂でランチタイム。

その後、別の釣り堀が十五分ほどで行けるとの事で、移動してバラマンディをルアーで狙いました。

マレーシアの釣り堀

こちらの釣り堀では、行ってすぐにバラマンディをゲット! 

その後、ハタもゲットして2時間ほど楽しんでこの日の釣りは終了。

マレーシアの釣り堀でバラマンディ
バラマンディをキャッチ!
マレーシアでグルーパーを持つ岡田建治
ルアーでグルーパーもキャッチ!

釣り堀2軒と食事で1人12,000円くらい。とても楽しい釣りができました。

巨大グルーパーとのやり取りで疲れていたので、その晩はバッタンキューで寝てしまいました。

海外の釣り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡田建治をフォローする
【岡田建治】の釣りブログ

コメント