岡田建治 【チヌ釣り仕掛け】PEフカセ

スポンサーリンク

チヌ釣りのシーズンですね。僕はグレ釣りのイメージを持たれることが多いんですが、チヌ釣りもグレ釣りと同様に大好きで得意な釣りです。

「チヌはどんな仕掛けで釣るんですか?」と質問を受けることも多いので、僕のベーシックなチヌ釣り仕掛けや狙い方を説明します。

岡田建治のチヌ釣り仕掛け

ベーシックなチヌの仕掛けがこれです。道糸はもちろんPEラインで、その先にナイロンのリーダーを結束して、フロロカーボンのハリスを付けます。

岡田建治 チヌ 仕掛け

グレのPEフカセの仕掛けと基本は同じですが、ハリスを5mと長くとる点が異なっています(ロングハリス)。

ナイロンのリーダーは15mが基本ですが、チヌの場合は遠投することも多いので長めに20mとることもあります。

狙うポイントまでの距離やタナの深さ、潮や風の影響をみながら長さは使い分けます。

ウキは『グレマスタースペシャル』で、チヌ釣りにはLLサイズを使うことが多いです。もちろん状況によってLやMサイズも使います。

グレマスタースペシャル LL

グレマスタースペシャル LL

自重が20g以上あるので遠投はもちろん、重たい練りエサでも狙ったポイントに投入できます。PEラインとの組み合わせだと、これまで釣れなかったポイントを狙えますよ。

 

これもよく質問を受けるウキの浮力ですが、チヌの場合はウキを浮かせ気味に釣ることが多いのでG2が基本で、これにハリスにガン玉のG5〜G6を均等に2個打ちます。

仕掛けを入れていきたい時はウキ止めを付けてBや5Bの『グレマスタースペシャル』に重めのガン玉と言った使い方もします。

『グレマスタースペシャル』のLLだと大きいのでチヌが違和感を感じると思われている人もいるみたいですが、シモリ玉とウキ止めを付けての半遊動仕掛けでも問題なく釣れますよ。アタリも出やすいし、釣果も上がっていますよ。

これは宿毛湾で釣ったチヌです

ナビ『GPC』の止め方(チヌの場合)

ナビはガルツの『GPC』を使っていますが、チヌの時は小型のスイベルを使って図のようにして止めています。

スポンサーリンク

グレマスタースペシャルLLのリング径

『グレマスタースペシャル』のLLのリング径は上下ともにφ2.0で、上φ3.0×下φ2.0のM&Lとは変えています。

これはラインが抜けすぎるのを防ぐためです。

ラインは抜けないよりもスムーズに抜けた方が良いですが、抜けすぎるとウキを起点にした張りを作りづらくなります。そして、同じリング径でもウキの形やサイズによって抜け方が異なります。

これまでの経験と試作のウキで実釣テストを繰り返した結果、今のリング径に決めました。

 

簡単ですが僕のチヌ用の仕掛けを紹介しました。これは磯でも波止でも渚でも使える仕掛けです。みなさんのチヌ釣りの参考にしてもらえればうれしいです。

僕の釣りをこれからも紹介していこうと思います。質問などがあればコメントにもらえれば、まとめて回答したいと思います。

How to
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
岡田建治をフォローする
【岡田建治】の釣りブログ

コメント