オカケン オススメ磯《須下(愛媛)》

スポンサーリンク
Pocket

毎年、この時期になると口太グレの時期が終わり、
チヌやマダイそして尾長グレの時期に入ってきます!
(エリアによって異なりますが)。
四国で好釣果が期待できるのが
高知県の『沖ノ島』や『鵜来島』・『柏島』、
愛媛県では『中泊』や『武者泊』が有名で、
50センチオーバーの大型の尾長グレがヒットします!
さらにもう1ヶ所、
穴場的なのが愛媛の由良半島北側にある『須下(すげ)』です

須下で釣ったグレです

須下のなかでも僕が好きな磯は【ウスバエ】の須下の港側。
ここは足元からかけ下がっていて、特に満潮がよい釣り場です。
ここは沖からの当て潮が抜群ですね~~!
その当て潮に沖からの仕掛けとコマセをうまくアワセて際に仕掛けを入れ込んでいくと、
かならずと言っていいほど強烈なアタリがきます!!
実際にはそんなアタリの多くが
グレ以外のアオブダイやイスズミ、タマメといった他魚だったりするんですが、
それに混じって本命の尾長や口太の50センチを超える大物も
アタってくるから面白いんです!

数年前に釣り仲間の上ちゃんが連続7発バラシました。
その内の1回はバラシた直後にラインが切れて漂ってるウキのそばに、
確実にロクマル(60センチ)ある尾長が
クルクルと舞いながら浮いてきたのです!?
尾長はそのままタモがギリギリ届かない所に浮き上がり、
ひょろひょろと流れていきました(^^ゞ
こんなモンスターが潜んでいること間違いなしなんです!
僕もここでは40~50センチクラスのグレを何匹も釣っています。
でもさらに凄いやつがまだまだいるので、
「こやつを絶対にやっつけなイカン!」
と思ってますが、なかなか時間と暇が取れないのが現実です(TT)
時間作って行きたいな~~

この磯でのボクの釣りスタイルは、
ウキ『シーマスター2B』に水中ウキ『シーモンキー -2B』を組み合わせて、
タナは竿2本(約10m)にセットして当て潮を釣っていきます!

『シーマスター』と『シーモンキー』の組み合わせ
こうしていると、ものすごいアタリが来ますよ~!

これで当たらない場合や湧き潮などで仕掛けがタナまで入らないときは、
『シーマスター』はそのままで
『シーモンキー』を-3Bに付け替えて、
ウキごと仕掛けを入れ込んで底を這わすようにすると
100%と言っていいほど強烈なアタリがきますよ~(^_^)v
『シーモンキー』は糸を切らずに替えられるので、
潮の変化を逃さずに対応できます(^_^)v
上ウキは『シーウイング』も使います。

この釣り方は、この磯に限らず、
当て潮で手前がオーバーハングになっている所や
どん深なポイントなどで効果抜群ですよ
興味のある方はぜひ実践してみてくださいね~!
四国や九州などには、この仕掛けがオススメなポイントがたくさんあるので、
試してみる価値は必ずあると思いますよ~♪


ブログランキングに参加してます。
押してもらうとランキングが上がるので
ぜひお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


○オカケン’s タックル


『シーマスタータイプ1』


『シーモンキー』

ボクのプロデュースしたウキやセレクトしたグッズが揃ったネットショップです。
ぜひご覧ください。
【SELECT SHOP OKAKEN】
shopbaner.jpg

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする