男女群島 昼釣りでロクマル尾長!

スポンサーリンク
Pocket

男島のノコギリでの昼釣りスタート。

口太中心なようなので尾長がでたらいいなぐらいの気持ちで釣り始めました。

まず手前にコマセを打つとイズスミやチョウチョウオの群れに口太の30センチクラスが湧きグレになってたむろする状態。
よく観察すると少し沖目に潮目があってその周りにも湧きグレがたくさん見えました。
まずは手前を数投攻めてみるも釣れたのは30センチクラスの口太。
手前はダメだと判断して、コマセを手前に打ってから竿3本くらい沖の潮目をピンポイントで攻めてみると、手前よりも型がいい口太が釣れます。
40センチ前後で良いものは48センチの口太でした。

これを釣ってお土産をゲットするつもりでコマセの中を釣ったり、外側を狙ったり、全くマキエの効いてないところを釣ったりしていると、仕掛けを投入した直後にウキを抑えるような反応が。
この日の口太は産卵で白子をはいている状態の魚でかなりシビア。エサをくわえてもすぐに離す状態で、00のウキで沈めているといつエサを取られたかわかりません。
そこで0号のウキで少し浮かせ気味にして、わざと抵抗をかけてウキに反応がでるようにした釣り方がバッチリハマって連発しました。
ただ、今回のアタリは抑えた後にウキがスパッと消える気持ちの良いアタリ!
この前にも口太に混じってサンノジやイズスミがヒットしてたので、てっきりサンノジかイズスミかと思ってやり取りしてましたがかなりの重量感。

思いっきり竿を絞って手前まで寄せてきても魚は底の方で姿が見えませんが、手前でも竿を叩かずで「グレの引きみたいだな」と思いながら浮かせてくると、青白いでっかい魚体が海面に出てきました!

まさかの尾長!
それもデカイ!

同行の山本くんがタモの準備。でもここからが尾長の粘り強い引きのはじまりです。
ハリスが2.75号なので無理もできず、少し浮かせては突っ込まれの繰り返し。巻き取ったラインを出されてはまた巻き取ってを繰り返すこと7分!
尾長をヘロヘロにさせてやっとのことでランディング成功です!

301083.LINE

タモを上げるのも大変な重量感で、山本くんが
「これはロクマルありますよ〜〜!」

僕も改めて魚を見てびっくり!

ラインを持って針をはずそうとすると飲まれていたハリスが簡単にプチッと切れました(^^ゞ ゆっくり時間をかけてやり取りしてよかったです。

あのやり取りを動画で撮ってたらかなり見応えのあるシーンやったろうな〜って思うくらいのやり取りでした。

スポンサーリンク

興奮さめやらぬうちに検寸するとジャスト60センチ!
昼間に沖でヒットした感動の1匹でした。

岡田建治 尾長

昼釣りでロクマル!

使ったタックル。ウキは僕のグレマスターでした

使ったタックル。ウキは僕のグレマスターでした

その後、写真を撮ったりして山本くんに、
「あの辺りを攻めてみて。まだ当たると思うから」
とアドバイスした直後に山本くんのオレガ尾長スペシャルが大きく弧を描いてやり取り開始。
焦らないようにとアドバイスして、僕と同じくらいの時間をかけて浮かせたのはやはり尾長!
これもデカイ!
ゆっくりタモ入れして計ってみると57.5センチの立派な尾長でした。

写真を撮って、釣りを再開してみるとちょうど正午の干潮潮止まりで尾長の反応はなくなり口太がポツポツ。
でもまたチャンスがあるような気がして頑張っていると、これまで左に流れていた潮が逆の右にゆっくり流れ始めた。
と、その瞬間にまた50の尾長がヒット。山本くんがハリスを切られたりして、状況がよくなってきたときに船が見回りにきました。

「どうですか? 釣れましたか?」

のマイクの声に尾長を見せると、船長含めみなさんびっくり!
まぁ、僕たちもびっくりでしたが(笑)

ここで夜釣りができないか聞いてみましたが、風が変わるのでできないとのこと。残念ですがしかたありません。

釣り場を吉田の3番にかえて仕切り直しです。
15時過ぎに吉田に変わり、少し早めの夕食。神原くんが野菜炒めを作ってくれて、あとはお寿司やラーメンなどをたべてゆっくり。
夕まずめに頑張って釣るためにしばし休憩して18時半から夜釣りスタート!
ブログランキングに参加しています。
よけれひと押ししてください(*^_^*)

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする